野生の動物

農薬をまく男性

相談が増えている

イタチは日本中どこにでも見られる野生動物であり、また最近では害獣として駆除される場合もあります。どちらかといえば田舎にいる様なイメージもありますが、都市部においても公園など樹木が生い茂る場所には普通にいます。そうしたイタチが住宅などに侵入して問題となり、イタチ駆除の相談も増えています。イタチは細長い体をしていて、小さな隙間でも侵入できます。更に身軽であるため、木から木へと渡り歩くなどして、屋根から侵入する場合もあります。こうしたイタチ駆除は専門の業者に依頼するわけですが、費用の傾向としては大体駆除だけなら2〜3万円程度です。ただ実際には巣を作られると不衛生な環境になるため、清掃や除菌も必要なので全体的には10万円程度かかります。

イタチと日本人の関係

イタチは日本に古来から生息する野生動物として、日本人に深くかかわってきました。古くはキツネやタヌキと同様に、身近な動物として物語などにも登場していました。また「かまいたち」や「いたちごっこ」など、言葉にもなるほどポピュラーな動物でした。基本的には山間部を始めとした自然豊かな土地に生息して、人間との接触もそうした土地に限られていました。しかし近年都市開発などによって、そうした自然豊かな土地が開かれるなどして、イタチと人間との接触が増え、そうした接触から摩擦へと生じている場面も散見されるようになりました。本格的にイタチ駆除が行われるようになるのは、近年になってからです。イタチ側も徐々に人間の生活に順応を見せるようになっており、イタチ駆除の相談は年々増加しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加