寒い時期になる

虫にくわれた花

イタチによって引き起こされる被害

寒い秋口になると、家屋のイタチによる被害が増える傾向にあります。そもそもイタチは寒いところが苦手なので、寒くなる時期に、家屋の天井裏に侵入します。イタチが怖いのは、住みやすい環境が見つかるとずっと住み着くことです。このため、人間に色々な被害をもたらします。その被害の主なものは、夜中の物音です。イタチは夜行性なので、夜中に天井裏を移動して大きな物音を出します。そのため、人間にとって安眠の妨げとなります。さらに、イタチはダニ、ノミなどの寄生虫が住み着いています。なので、家屋に大量にノミなどが繁殖して人間に被害をもたらします。その他にも、イタチは餌として小動物の死骸を天井裏に持ち込みます。なので、放置された餌が害虫発生の原因となります。なので、早期にイタチ駆除は行なったほうが良いです。

業者による駆除方法とは

イタチ駆除は、とても素人の手には負えません。なので、専門のイタチ駆除業者に任せる必要があります。業者のイタチ駆除方法は、基本的に薬剤使用での駆除やイタチの捕獲を行うことはできません。というのも、イタチの駆除に関して、「鳥獣法」によって厳しく管理されているからです。なので、基本的に業者では忌避剤追出し駆除法というのも行います。これは、特殊な煙霧剤で天井裏からイタチを追い出す方法です。噴霧剤で追い出したらすぐに、イタチが家屋外から侵入してくる穴を封鎖していきます。そもそもイタチは直径3cm程の穴なら、すぐに侵入してきます。なので、スタッフが徹底的に調査して、再び侵入されないように封鎖していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加